Varonisはサイバーセキュリティの世界を他とは違う方向から見ています。

Varonisはまず最初にデータを保護します。後回しにはしません。

多くの企業にとって、最も価値のあるデータは最も脆弱なデータでもあります。

どうしてでしょうか?サイバーセキュリティがデータで始まっていなかったからです。王国の中心にある貴重なデータから遠く離れた、攻撃者を捕らえるべき境界から始まっていたのです。

セキュリティ境界は消えてしまいました。エンドポイントは交換可能です。最近では、携帯電話やノートパソコンにしかデータがないということはほとんどありません。

Varonisは、どこにデータがあろうと保護します。Varonisのプラットフォームは、データの中身と背景を深く見ることを目的として設計されています – そして、特許を取得した、百戦錬磨の機械学習を使用して保護を自動化します。

Varonis誕生秘話

2003年、ある巨大な石油ガス企業で大事件が起きました。その企業は数百万ドルもの資金を投じて海底の高解像度の画像を撮影し、自社のファイルサーバーに保管していました。ある日、これらの画像が消失しました。

なぜ突然画像が削除されてしまったのでしょうか?計画的に盗まれたのでしょうか?その答えを追求する以前に、2名のセキュリティとシステムの専門家は、何が起きたのかについて何も記録が存在しないこと、容疑者を絞り込むのも容易でないことを知りました。

この大事故になりかねない事件から、2人の専門家が機会を見出したのです。データはこれまでよりもずっと価値があるものになってきており、企業のデータへの依存性も高まってきていました。ファイルシステムの複雑性とサイズは飛躍的に増大していましたが、企業でのデータの作成速度が上がるにつれ、データのセキュリティは見落とされるようになりました。

 

2005年、この2人の専門家、Yaki FaitelsonOhad Korkusは、組織の非常に重要なデータに対する可視性とコントロールを高めるために、Varonisを設立しました。

今日まで戻りましょう。セキュリティ侵害やランサムウェアがメディアの見出しを埋めています。いったい攻撃者は何を狙っているのでしょう?データです。より厳格で、重大な結果をもたらす規制の対象となっている、あらゆる場所に保管されているデータです。CEOや経営陣、取締役会が後回しにせず、最初にデータの保護に焦点を当てる理由はここにあります。

Varonisは、ニューヨーク市に本社を構え、世界各地にオフィスを擁しています。

1,800

人以上

12

拠点

VRNS

Nasdaq

首脳陣

Varonisでの生活

Varonisチームに加わって未来のサイバーセキュリティを形作りましょう。

企業責任

Varonisの多様性、コミュニティー、および環境への取り組み。

もっと知る
プレス記事

ご不明な点があれば、pr@varonis.comまでお問い合わせください。

お問い合わせ
投資家向け

株式情報、財務報告、株主向けツール。

もっと知る
ブランド資産

公式ロゴ、ブランドガイドライン、その他のリソース。

もっと知る