データ保護

まず最初にデータを保護しましょう。後回しにせず

平均的に、組織のデータの20%従業員誰からでもアクセス可能です。情報漏洩事故の70%は発見されるまでに月単位や年単位の時間が掛かります。

しかしこれはVaronisのお客様には当てはまりません。Varonisはリスクの発見、リスクの軽減、リスクの復活の防止をお手伝いします。

無償のデータリスクアセスメントを受けましょう
 

データ保護自動操縦

データが無防備な状態で保存されていたり、監視されていなければ、エンドポイント端末がたった1台侵害されるだけで見出しを飾る情報漏洩事故になってしまいます。CISOであれば誰でも、役員会でアクティブにリスクの削減を進めていることを証明したいと考えているものです。Automation Engineを使用すれば、数年ではなく、数日で、安全にリスク低減を自動化できます。

 

“それは現在の重点施策ではありません。”

ITの世界で最も後悔する言葉

なぜデータはそんなに脆弱性があるのでしょうか?最大のデータセキュリティリスクを見付けることは今までになく難しくなっています。リスクの優先順位付け、安全な問題の修正、データ保護の継続には、多くの組織では単純に持ち合わせていない可視化文脈が必要です。昨年、Varonisは30以上の業種にわたる130社の62億個のファイル、4592億個のフォルダー、5.5ペタバイトのデータのサンプルを分析しました。

の組織で1,000個を超える従業員なら誰でも開くことのできる機密性の高いファイルが見つかりました
の組織で100,000個を超える誰でも開くことのできるフォルダーが見つかりました
の組織で1,000個を超える古い機密性の高いファイルが見つかりました
 

最も大きなITセキュリティリスクをアセスし、優先順位付けし、緩和します

Varonisのダッシュボードは、どこでリスクに晒されているのかを示し、ロックダウン作業の進捗状況を追跡します。迅速に、NAS上に無防備に晒されている機密性の高いGDPRファイルを、Office 365上の古いデータ、ハッカーが弱点を突きたがるActive Directory脆弱性を示します。

  • アラート
  • ファイルサーバー
  • Active Directory
  • Exchange
  • SharePoint
  • Exchange Online
  • SharePoint Online
  • OneDrive
  • GDPR
 

オンプレミスでもクラウド上でも機密性の高いデータを分類しましょう

最も重要なデータに集中してデータ保護に取り組みましょう。Varonisは、ファイル共有、NASデバイス、SharePointとOffice 365に保存された機密性の高い、規制対象の情報を、迅速かつ正確に分類します。ファイルにラベルを適用して、DRM、暗号化やその他を有効にします。

 

一元化された監査証跡からイベントを検索

貴社のデータに何が起きているのかを正確に知り、漏洩事故が起きる前に食い止めましょう。

一元化された監査証跡により、管理者やセキュリティ分析担当者はわずか数クリックで、誰が、重要なファイル、サイト、Azure Active Directoryオブジェクト、電子メール等を開いたのか、作成したのか、削除したのか、変更したのかを知ることができます。

 

AIによる推奨事項

Varonisの機械学習アルゴリズムにより、アクセス権を持つべきでないと考えられるユーザーはフラグを立てられます。これらの推奨事項に対応することが、リスクを軽減して最小特権モデルに近づける、速くて正確な方法です。サンドボックス内でアクセス制御の変更をモデル化し、わずか数クリックで変更をコミットします。

 

パーソナライズされたデータリスクアセスメントをスケジュールしましょう

Varonisの無償のリスクアセスメントはすぐに利用可能で、コンサルタントならば課金をしようとするものです。

それは事実です: Varonisのアセスメントは貴社の脆弱性をとても正確に示すので、他の企業は提供元を隠して販売しようとするものです。なぜなら、アセスメントでは、貴社のデータについて、主要なセキュリティリスクやコンプライアンスの問題の優先順位付けと修正をするための具体的な手順を提供するからです。例えば:

  • グローバルアクセス、古いデータ、アクセス権の不整合
  • 無防備な状態で保存されたPII、HIPAAやPCIのような機密性の高いデータ
  • 不適切なアクセス権や許可のプロセス
お問い合わせ
 

迅速かつ確実にセキュリティインシデントを解決

Varonisはサイバー攻撃を検出して対応するための時間を大幅に短縮し – 従来型の製品が見逃していた脅威を見つけます。クラウド上とオンプレミスのインフラストラクチャーの両方からの可視化文脈を組み合わせることにより、Varonisのお客様は次のような効果を得ることができます:

  • 対応時間を90%削減
  • キルチェーン全体に対応したすぐに使える脅威モデル
  • Gartner Peer Insightsで#1評価されたUEBAソリューション
もっと知る

Risk Assessment Insights

ユーザー
corp.local/ Disgruntled Dan

特権アカウントかどうか: Danは管理者です。
アカウントは変更されていません
ユーザーにとっての新しい場所
ユーザーについて位置情報が短時間で遷移しているアラートが生成されました

1 Additional Insights

デバイス
1台のデバイス

現在のアラートから過去90日間でDan-PCが初めて使用されました。

0 Additional Insights

データ
24個のファイル

100%のデータはDisgruntled Danが過去90日間で初めてアクセスしたものです。

24個の機密性の高い オブジェクトが影響を受けました。

0 Additional Insights

時間
16/10/04 16:24
16/10/04 18:56

100%のイベントがDisgruntled Danの勤務時間外に起きています

0 Additional Insights

 

プロアクティブに安全な環境維持

リスクの削減は大きな挑戦で、リスクを管理下に置くためには自動化を必要とします

承認ワークフローの自動化

承認ワークフローにより、ユーザーはフォルダー、グループ、配布リスト、SharePointサイト、SharePointフォルダー、SharePointリストへのアクセス権を簡単に使えるWebフォームから申請することができます。各リクエストは予め設定したワークフローに沿って適切な利害関係者に渡されます。アクセスリクエストの対応は、電子メールに返信をするのと同じくらい簡単です。承認されると、IT部門の関与なしに、自動的にVaronisからアクセス権が付与されます。

権限の見直しの自動化

グループ、配布リスト、機密性の高い業務データへのアクセス権が、適切な人々により一貫性を持って見直されていることを確かにしましょう。認証は直接データ所有者に送られるため、IT部門が関与することなく、データ所有者は、誰が現在データにアクセスができるのかを確認し、変更を行うことができます。Varonisの機械学習アルゴリズムにより、アクセス権を持つべきでないと考えられるユーザーはフラグを立てられるため、見直しは迅速かつ簡単に行なえます。

削除の自動化

コンテンツ種別、鮮度、アクセス状況等に基づき、自動的にデータを移動アーカイブ、あるいは削除するカスタムルールを使って、保持ポリシーを簡単に強制しましょう。機密性の高い規制対象のデータが承認されていない場所に保管されたらその都度検疫しましょう。

 

CISOやCIOも同意: Varonisを評価する最もスマートな方法は短時間のデモです

  • “全製品のデモ。” (レビュー全文)
  • “テスト環境でVaronisを試してみて下さい… Varonisができることに感動するでしょう。” (レビュー全文)
  • 概念実証(PoC)期間の間に、私たちはこの製品が当社の環境にどのように適合するのかについて公正な評価を得ました (レビュー全文)

同じような6,600社の企業がデモを見て喜んでいます。あなたも、きっとそうです。

エンジニアとともに世界をリードするデータセキュリティプラットフォームを見学しましょう。

その後は: ご都合の良い時間に、パーソナライズされたデモをスケジュールするために、連絡いたします。

貴社のサイバーセキュリティは中心から始まっていますか?

データセキュリティを考えているエンジニアが実施する高度にカスタマイズされたデータリスクアセスメントを受けましょう。