DataPrivilege

データガバナンスを適切に実施。

  • IT 部門の負荷を軽減
  • ゼロトラストアクセスを強制
  • コンプライアンスを実証

機密性の高い情報は、管理が不十分で、無防備な状態で保存されています。

データの増加は制御不能です。従業員には頻繁に離職、着任、職掌変更があります。IT部門は何の文脈も知らずにアクセス権を与える判断を担っています。結果: 攻撃表面はどんどん拡大していきます。

dataprivilege_animation_static@2x

アクセス制御申請を自動化します。

事業部門のユーザーが部門のデータやアプリケーションへのアクセス権を管理できるようにして、IT部門を解放します。ユーザーは直感的なWebフォームでアクセス権を申請し、所有者はメールに返信することで承認または拒否します。


DataPrivilege は、背後にある全ての承認条件を満たしていれば、シームレスに全ての変更を行うことができます。昇格された特権は必要ありません。

Illustration_Access control requests@2x-1

ストレスなく、見直し、取り消し。

ほとんどの IT プロセスは、アクセス権を設定することを目的にしていて、それが不要になった際にアクセス許可を取り消すためのシステムは備えていません。

事業部門ユーザーが、誰がアクセス権を持っているかを確認でき、変更を自動化できるようになると、多くのアクセス許可を取り消してしまうことに驚くことでしょう。

  • 部門ごとにカスタムスケジュールを作成

  • 機械学習による削除の推奨を受けましょう

  • 機密性の高いデータへのアクセス権を認定する際に所有者にアラートを表示
Illustration_Entitlement review@2x-1

お持ちのIAM/ITSMシステムとの統合。

okta.xo
rsa.xo-u3
servicenow.xo-1
Photo_Testimonial_DP
「Varonisは、ITサポートスタッフ—部門内のアクセス許可を管理するべきではないスタッフ—の負担を軽減し、利害関係者に管理権を返します。これで安心してデータをロックダウンできるようになりました。」
最高技術責任者 (CTO) 、米国の地域病院 お客様事例を読む

主な機能


倫理障壁

業務ルールに違反する新しい申請が承認されることを自動的に防止します。既存ルールへの違反を検出、通知し、自動修正します。

カスタム見直しスケジュール

部門、データの機密性に基づいて、異なるスケジュールでエンタイトルメントレビューを設定しましょう。都度のアクセス権再認定も可能です。

複数の承認者

所有者と承認者はアクセス権申請に直接、複数の言語に対応した、電子メールで、あるいはDataPrivilege Webアプリケーション内で回答することができます。


組み込みコンプライアンスレポート

DataPrivilege の操作はすべて記録され、管理レポートにより、プロセス遵守を証明でき、コンプライアンス要件を満たすことを支援します。

セルフサービスポータル

所有者は、データに対するアクセスをオンデマンドで見直し、アクセス権を変更し、データの利用を監視し、レポートを実行できます—全て直感的なWebポータルで行えるため、IT部門の支援は不要です。

ローカルグループのサポート

DataPrivilegeはローカルグループを通じて管理者アクセスを設定することができます: アクセス権の自動失効付きで権限を委任します。