お客様事例

Varonisが検出困難なサーバー脅威から
不動産デベロッパーを保護

検出

DNSトンネリングの脅威

堅牢

データ中心の監査

アラート

疑わしいアクセス状況に対して

“使いやすさ、データ分類、ファイルとアクセス権の監視、あるいはそのすべてのデータの収集を同時に行うことができること—他のソリューションはVaronisに立ち向かうことができません。

Tony Hamil氏, サイバーセキュリティエンジニア, 米国の不動産デベロッパー

課題

この米国のトップ不動産デベロッパーは、ハッカーから保護するための脅威を検出して対応する能力を向上させるために継続的に取り組んでいます。クラウドベースのファイル共有に移行するにあたって、データを安全に保ち、DNSトンネリングやその他の方法を使用する破壊的なサイバー攻撃や情報漏洩を防止することが大きな懸案事項でした。

ファイルの整合性監視に関しては、Varonisを使用する必要がありました。他のプレイヤーは、時代遅れだったり、仕事を同じようにきちんとこなせなかったり、またはあまりにも多大なパフォーマンス影響がありました。

Tony Hamil氏, サイバーセキュリティエンジニア, 米国の不動産デベロッパー

解決策

  • 新しいクラウドベースのファイル共有プログラムへの移行中にファイルの整合性を監視する: 同社は2015年からVaronisを使用して、オンプレミスおよびクラウドベースのデータストア全体のアクセス権をロックダウンしてきました。
  • オンプレミスおよびクラウド内の機密情報を保護する: この不動産デベロッパーは、オンプレミスおよびクラウド内に保持されている機密性の高いデータを可視化するためにVaronisを利用しています。
  • 破壊的なサイバー攻撃および情報漏洩の可能性を検出: このお客様は、マルウェアまたは内部の情報漏洩の可能性を検出するためにDatAlertを利用しています。Varonis Edgeは、DNSトンネリングを使用した攻撃など、ネットワークの境界からの微妙な攻撃の兆候を同社が見つけ出すのに役立っています。

ほとんどのプラットフォームでは、イベントが発生した場所を特定できます。しかし、完全なデータ相関と、クラウド内を含む、起きたことのすべてとすべてのファイル操作を正確に示すイベントの単一の監査証跡を提供するのはVaronisだけです。

Tony Hamil氏, サイバーセキュリティエンジニア, 米国の不動産デベロッパー

お客様プロフィール

  • お客様名: 米国の不動産デベロッパー
  • 業種: 商業不動産

Varonis製品

この不動産デベロッパーが自社の機密性の高いデータを保護するためにどんな製品を使っているのかを見てみましょう。

続きを読む

お客様事例全文を読んで、この不動産デベロッパーがどのようにしてVaronisを使って機密性の高いデータを保護しているのかを見てみましょう。

Download PDF

あなたのサイバーセキュリティは中心から始まっていますか?

データセキュリティを考えているエンジニアが実施する高度にカスタマイズされたデータリスクアセスメントを受けましょう。