Data Classification Labels

機密性の高いデータを特定し、保護

Varonisは、Microsoft Azure Information Protection (AIP)と統合して、お客様環境内のどこにあろうと、どのように共有されていようと、機密性の高いデータを保護します

デモを入手する
 
 

機密性の高いデータにラベル付け

さらなる保護のために機密性の高いデータにラベルを付与: ビジネスポリシーを有効化し、機密性の高いデータをカテゴリー分類し、各種の機密性の高いデータの種類に応じて自動的にルールを適用します。

Data Classification Labelsは、GDPRやPIIのような特定のデータを対象としたVaronisの高度なルール機能を利用し、Varonisの広範なパターンレポジトリーを活用して、更に多くのラベル付けルールを構築します。

ファイルに自動的にラベルを適用して、DRM、暗号化等を有効化します。ユーザーは手動で文書にタグ付けすることができ、Varonisはデータに関する追加の文脈を提供します。

 

仕組み

 

Data Classification LabelsはAzure Information Protectionと統合し、AzureとRMSの両方の暗号化を活用して、入って来るデータと出て行くデータを保護します。セキュリティポリシーを適用するために、分類ルールをAIPラベルと関連付けします。

DLPやエンドポイントなどサードパーティー製品とさらに統合を進め、360度のデータ保護を実現するためのカバー範囲を拡大しましょう。

Data Classification Labelsでラベルポリシーを作成

AIPラベルに基づきファイル(あるいはファイルのセット)を分類

AIP暗号化されたファイルのコンテンツを復号してスキャン

手動でラベル付けされたファイルをスキップしながら、設定に基づいてAIPラベルを自動的に適用

誤ったラベル付けがされたファイルを自動的に修正(して報告)

ポリシー変更の際に自動的に再ラベル付けをまとめて実施

分類ラベルデータによりVaronisの分類レポートを強化

 

自動的にラベルを適用

機密性の高いデータにラベルポリシーを自動的に適用するために、分類ルールをAIPラベルと紐付けます。

期限切れのポリシーを修正

ポリシーがあり、変更をしましたか?これらのポリシーを最新の状態に保つために、前に戻って修正し、ラベルを付け直します。

誤ったラベル付けがされたファイルを修正

Varonisの高度な分類エンジンに基づいて、機密性の高いデータを含んだ誤ってラベル付けされたファイルを修正し、正しいラベルを付け直します。ラベル付けのために既存の分類結果を分析し、既存のラベルを読み取って新しいラベルを自動的に付けます。

360°のカバー範囲を手に入れましょう

エンドポイントやDLPのようなサードパーティーとの統合により、Data Classification Labelsに基づく追加の統制を活用しましょう。

 

FAQよくあるご質問

  • どんな環境で利用できますか?

    サポートするプラットフォームは、Windowsとオンプレミス版SharePointです。

  • Data Classification Labelsがサポートするファイル形式は何ですか?

    Visio、Word、Excel、および PowerPointです。

  • クラウド上でも機能しますか?

    Azure Information ProtectionはOffice 365上ではラベルをタグ付けしないため、現状ではData Classification Labelsはオンプレミス専用のソリューションです。

Varonisの動きを見たいと思いませんか?

デモを依頼するか、営業に電話連絡する(877-292-8767