金融サービス分野での Varonis の活用

金融データをサイバー攻撃から守り、法規制の遵守を自動化します。

LogoBar_Finance_DesktopLogoBar_Finance_Mobile

貴重なデータが無防備な状態で保存されています

金融サービス企業の平均的な従業員は1,100万個のファイルにアクセス権を持っています。この水準で露出していると、サイバー攻撃による「爆発範囲」は企業に非常に大きな被害を与える可能性があるものとなります。過剰なデータアクセス権を解消することで、リスクを劇的に低減することができ、振る舞いベースのアラートで被害を受ける前に脅威を検出することができます。

11M
金融サービス会社の従業員がアクセスできるファイルの平均数
64%
金融サービス会社の多くは、1,000以上の機密ファイルをすべての従業員に公開しています

ランサムウェアを検出、阻止。

Varonis は振る舞いベースの脅威モデルを使用して、ランサムウェアの初期兆候を自動的に検出します。アラートにより影響を受けたユーザーのセッションの終了やパスワードの変更などの自動対応がトリガーされ、攻撃を未然に防ぐことができます。

金融データを保護。

クラウドおよびオンプレミスのデータストア全体で、 PCI、SOX、およびその他の規制対象金融データを自動的に識別および分類し、アクセスできるユーザーを制限します。Varonis は、日々の業務を中断することなく、アクセス権変更を自動的に実施することができます。

コンプライアンスを達成。

グラム・リーチ・ブライリー法 (GLBA) 、ルクセンブルク金融監督委員会 (CSSF) 、ニューヨーク州金融サービス局 (NYS DFS) データなどの機密性の高い金融データや規制対象の金融データへのアクセスや共有を監視して、セキュリティ違反をレポートし、不正アクセスを防止し、サイバー脅威から保護します。データアクティビティの完全な監査ログは、監査人の要求を満たし、漏洩通知の要件を満たすことを支援します。

Finance testimonial
SOX コンプライアンスを達成するためには、ITGC(ITに係る全般統制)の再認証を実施する必要があります。Varonis の自動化および高度にカスタマイズ可能なレポート機能によって、適切なアクセス制御リスト、アクセス許可、正確なユーザーグループメンバーシップを確実にすることができます。
最高技術責任者 (CTO)、Prospect Capital Management お客様事例を読む